公認会計士・税理士が担当する業務の範囲

現代の資格制度において、企業や個人事業主の財務・税務などの相談を請け負うことが出来る専門家となっているのが公認会計士や税理士といったような職業の人々です。

こうした人々は常にさまざまな業務を請け負うようになっているのですが、実はそれぞれによって請け負える業務の範囲は異なっています。

ではそれぞれが請け負える業務にはどのような物があるのかというと、まず公認会計士が秀でているのが上場企業などの財務状況の証明という業務です。これは監査業務と呼ばれるものになり、簡単に説明すれば「企業が作る決算書が正確なものであり、嘘が無いかを証明する」というものになります。これは税理士では行えない公認会計士の独占業務ですから、公認会計士ならではの業務であるということができます。

それに対して税理士はどうかというと、これは税務相談が特徴的な業務と言えます。税務相談、例えば税金の計算やそれに必要な手続き、より税を軽くする方法などの相談は公認会計士資格だけでは行えません。

加えて依頼者に代わって税務署への申告・申請なども税理士の独占業務となっていますから、税理士はどちらかというと財務よりも税務に秀でた専門家であるということが出来ます。ちなみにどちらの資格でも問題なく行えるのが試算表や決算書を作成する会計業務、経営のアドバイスをおこなうコンサルティング業務などです。

これらの業務は公認会計士、税理士どちらの資格でも十分に行うことが出来ますので、業務を依頼した際には併せて聞いてみるのも良いでしょう。